【ウイイレ2020】”フィネスドリブル”の正体が判明!

【ウイイレ2020】”フィネスドリブル”の正体が判明!

今作からイニエスタ選手監修のもと新たに追加されたとされる『フィネスドリブル』

体験版が配信されて実際にわかったことを踏まえ正体を暴きます!w

そもそもフィネスドリブルとは?

公式によると・・・

今作のゲームプレイにおける最大の進化が新しいドリブル「フィネスドリブル」にある。相手選手の動きを先読みし、密集する狭いエリアでもドリブルで抜け出し、局面を打開するプレーが可能になった。制作に関わったイニエスタが興味深いことを話している。「相手エリア付近、この密集したエリアこそが僕ら攻撃の選手、スペシャルな選手が持ち味を発揮しなければならない場所なんだ。」これまでは圧倒的スピードを持つ選手や、パワー系の選手などフィジカル能力に秀でた選手が長所を生かしやすく、イニエスタに代表されるようなテクニック系の選手はやや活かしにくい部分もあった。しかしそれが今作では、大きく変わる。テクニシャンがゲームを動かす——。画期的ともいえる彼らの復権がピッチの上に新たな駆け引きを呼び、一層の深みをもたらす。

引用:ウイイレ2020公式サイト内GamePlay

密集地で何かしらのスキルムーブが発動する仕組みなのかなと体験版配信前までは思ってました。

操作方法

操作方法は、Rスティックでコネコネするだけです!

これはやってみた方がわかりやすいと思います!

正体は○○○○!?

体験版をプレイしてみて実際にフィネスドリブルを発動させてみてわかったこと・・・

それは『フィネスドリブル=ニアコントロール(通称:ニアコン)』

ということです!

なんとニアコンが名前と操作方法が変わったというだけでした。

ニアコンは、ボールを足元に寄せ細かい動きをしたり、ゴールの方へ体を向ける際などに使用される必須スキルです。

従来はR2でニアコンの操作でしたが今作では特殊操作(トラップ時のトラップスルーとか他に何があるかは不明)がR2に付与されたのでR2でのニアコン発動はできなくなりました。

フィネスドリブルのデメリット

メリットは先述の通り細かい動きができたりなどがあるのですが一方でデメリットもあります。

①前作と比べ弱化した。

1つ目は、フィネスドリブル(ニアコン)の弱化です。

こちらは実際にやってみないとどうしてもわからないことなのですが、前作よりニアコン状態で左右に動くスライドドリブル状態での移動幅が格段に狭まっています

体験版をプレイした感想でいうとドリブル全体としては強化されているのでニアコン以外のダブルタッチなどを突破の選択肢にするのがおすすめです。

②操作性

操作方法がR2スティックになったことにより、今までスキル発動が左右スティックの組み合わせだっただけに誤発動が起きる可能性があります。

つまりニアコンをしたいときはR2スティックだけで操作しなければならず少なからず不便に感じる人もいるかと思います。

間違いなく私もそのうちの一人でした。

ニアコンで移動したいのにスキルが発動してしまい決定機を逃したなんてことがあったら残念です。

こればかりは慣れていくしかないですね。

まとめ

  1. フィネスドリブルはR2スティックで発動
  2. フィネスドリブルは2019までのニアコンと一緒
  3. 弱化と操作性の難によるデメリットあり