【ウイイレ2020】ウイイレ2019のスーパーサブ黒玉選手は2020でどうなる?成績考察

【ウイイレ2020】ウイイレ2019のスーパーサブ黒玉選手は2020でどうなる?成績考察

今回は、ウイニングイレブン2019でスーパーサブの能力を持ち合わせた通常黒玉選手5選手を2018-2019シーズンの成績を基に来作もスーパーサブを持った選手になるのかを考察していこうと思います。

今回ご紹介する5選手は総合値順でドウグラスコスタ(ユベントス)インシーニェ(ナポリ)メルテンス(ナポリ)ミュラー(バイエルン)サネ(マンC)です。

はじめに

今回成績は『transfermarkt』という海外サイトを参考に、

ウイイレのデータについては『PESDB』を基に話を進めていきます。

実際の情報とは異なる場合もあります、ご了承ください。

ドウグラスコスタ(ユベントス)

シーズン成績

リーグ セリエA(全38試合)
出場試合(途中出場) 17(10)
ゴール 1
アシスト 2
平均出場時間 約36分

ウイニングイレブン

総合値(Lv.MAX) 87(91)
FP登場回数 0

結論

スーパーサブが消えるのは確定と言っていいでしょう。

16試合怪我で欠場、4試合レッドカードによる出場停止で満足に試合も出れず成績も振るわず。

一応起用方法としてはスーパーサブ扱いと言ったところですがいいとは言えない結果ですね。

2020は総合値が下がりそうです。

インシーニェ(ナポリ)

シーズン成績

リーグ セリエA(全38試合)
出場試合(途中出場) 28(4)
ゴール 10
アシスト 5
平均出場時間 約74分

ウイニングイレブン

総合値(Lv.MAX) 87(91)
FP登場回数 3

結論

こちらもスーパーサブは無くなりそうです。そもそもスタメンで起用されています。(笑)

途中出場4試合であげたゴールは1ゴール

2020も普通にいい選手になりそうですね。(笑)

メルテンス(ナポリ)

シーズン成績

リーグ セリエA(全38試合)
出場試合(途中出場) 35(12)
ゴール 16
アシスト 10
平均出場時間 約64分

ウイニングイレブン

総合値(Lv.MAX) 86(90)
FP登場回数 3

結論

スパサブの有無はなんとも言えないですね。ありそうでなさそう(笑)

一応黒玉選手の中で最多の途中出場数です。

シーズン序盤こそ途中出場が目立ちましたが中盤以降はスタメン出場が多めです。

11月にはスタメンで3ゴール1アシストとこの印象が強く、この週はFPに選出されています。

ウイイレ界ではスパサブと言えばこの選手みたいなところがあるだけに個人的にはスパサブ継続であってほしいです。

ミュラー(バイエルン)

シーズン成績

リーグ ブンデスリーガ(全34試合)
出場試合(途中出場) 32(4)
ゴール 6
アシスト 12
平均出場時間 約74分

ウイニングイレブン

総合値(Lv.MAX) 86(89)
FP登場回数 0

結論

なくなると思います(インシーニェ同様いい意味で)

途中出場でのゴール,アシストはなしです。

そもそもミュラーの所属するブンデスリーガはウイイレ非搭載のため代表に選出されなければなりませんがドイツ代表は若返り促進のため2018年11月19日を最後にベンチ入りしていません。

ウイニングイレブンがいつの時点の代表データを採用するかわかりませんがもしかしたら搭載自体されない可能性も。。。

サネ(マンC)

シーズン成績

リーグ プレミアリーグ(全38試合)
出場試合(途中出場) 31(10)
ゴール 16
アシスト 10
平均出場時間 約60分

ウイニングイレブン

総合値(Lv.MAX) 85(93)
FP登場回数 0

結論

スパサブ継続かもしれません

というのもサネにスパサブがついたのはシーズン途中のデータパックの配信からです

シーズン通して活躍し、優勝をかけたシーズン終盤戦のマンU戦では途中出場し、決勝点となるゴールを決めています

2020の能力向上が非常に楽しみです。

まとめ

  • ドウグラスコスタは厳しい査定になりそう
  • インシーニェ、メルテンスはスタメン活躍のためいい意味でスパサブなくなるかも
  • ミュラーはそもそも非搭載の可能性あり
  • サネはシーズン通して大活躍!査定も期待大

考察どうでしたでしょうか?

情報が出てくるまで能力考察など面白そうなのでどんどんやっていきたいと思います。

最新情報は当サイト公式Twitterで積極的に配信していますのでぜひ確認してみてください!